二の腕を細く見せる方法:ちょっとした工夫で魅力的に!

夏になると二の腕を見せる機会が増えますよね。

暑いのでどうしても肌の露出が多い服を着がちです。

でも、さらけ出しているこの「二の腕」。必ずしも自信のある人ばかりではありませんよね・・。

・昔スポーツをやっていたので筋肉質
・最近太ったのでブヨブヨになってきた
・まずい!明日デートなのに太い二の腕見せられない!

男性の目線はどうしても肌が露出している所に集中しがちです。

「あれ? コイツこんなに二の腕太かったっけ?」

な~んて思われることだけは何とか避けたい!!

という訳で、この記事では、出来るだけ短時間で実現できる「二の腕を細くて魅力的に見せる」工夫・方法について、情報を集めてまとめました。

番外編もありますので、最後まで是非、ご覧になって下さい!

袖にゆとりのある服装

二の腕ファッションの基本は、目の錯覚を利用することです。

その中でも基本中の基本が「袖にゆとりのある服」を選ぶことです。

二の腕を細く見せるために、ピッタリ締め付けよう・・という発想はNGです。

二の腕が細く見える服装は、二の腕との段差を付けられる、ふわっとした袖のワンピース・プラウスになります。

二の腕を細く見せる方法

袖にフリルや装飾の入った可愛いブラウスも沢山売っていますね。

二の腕を細く見せるだけではなくて、オシャレで可愛いコーディネートを楽しみましょう(^^)。

細い紐のキャミソール

夏の重要ファッションアイテムである「キャミソール」。

露出している二の腕とセットで視線の集まるポイントが「キャミソールの肩紐」です。

一見、二の腕と関係無さそうに思えますが、キャミソールの紐が太いと、トップスのファッションのメリハリがボヤッとしてしまい、全体的に「膨らんだ印象」が付いてしまうため、NGとなります。

キャミソールの紐は「細いもの」を選んで下さい。

二の腕を細く見せる方法

キャミソールの紐は左右一本だけではなく、数本の紐が交差したデザイン性の高いものもありますね。

こうすることによって、紐が単なる紐ではなくてファッションコーディネートの一部としてアピール性が高まります。
その紐が細いことにより、ダブルで効果が出ます。オススメです!

濃いめの色を選ぶ

服装の色選びも重要ですね。

二の腕の太さを目立たなくさせるには、黒や紺などの濃いめの生地やアイテムを必ず上半身に取り入れましょう。

濃い色を使うことで「引き締まった」印象を与え、二の腕もセットで「引き締まって」見えますよ(^^)。

そのため、二の腕との境界線の生地は「白生地NG」となります。

黒をキャミソールの紐に使ってしまっていたら、袖の生地色は別の濃い目の色にしてみてはどうでしょうか?

この辺りは、全体のバランスを考えて、いろいろ試してみて下さいね(^^)。

スポンサーリンク

日焼する

一朝一夕では出来ませんが、二の腕を日焼けで黒くするという方法が、夏らしい解決策としてあります。

海に出掛けたりした際に、腕だけでも健康的に焼いてみましょう(^^)。

でも、最近の紫外線は強いので、くれぐれも焼き過ぎには注意して下さい!

健康的にほんのり小麦色に焼けた二の腕は、魅力的でモテますよ(*^_^*)

上級編の二の腕対策です。

二の腕ストレッチ体操

こちらも1日や2日で効果は出て来ませんが、一週間あれば、少しずつ効果が期待出来る「二の腕ダイエット法」です。

・毎日お風呂上がりに腕をグーパーで前に伸ばして、ストレッチする。

これをある程度、腕に負担を感じる回数繰り返します。

毎日行うことで、徐々に二の腕のブヨブヨお肉が引き締まってきます。

とても簡単なダイエット体操ですが、習慣化が大事です!

ダイエット用品を使う

番外編として、アームシェイパーをご紹介します。

アームシェイパーは、腕に巻いて使うダイエット用品です。

下のリンク先にて、漫画も交えて分かりやすく解説していますので、興味がありましたらご覧下さい(^^)

Vinelアームシェイパー