脳梗塞の父のiPadをアクティベーションロック解除した話

iPhoneやiPadの「アクティベーションロック」で困った!という人は多いと思います。

一度「アクティベーションロック」がかかってしまったら、それを解除するのは持ち主健在じゃないと、ほぼ不可能と言われています。

iPhone/iPadを譲渡する場合も、「アクティベーションロックがかかっていない」事を証明出来なければ、価値は0円であり、誰も買ってくれません。

でも、家族が使っていたものを、不要になったから有効利用したい!という事情持ちで、なおかつ持ち主が故人/重病人/意識不明/脳梗塞/記憶喪失などの事態になった場合、このアクティベーションロックという機能は厄介です。
IDとパスワードの組み合わせ、キチンとした形でメモに残っていれば良いけれど、多くの場合、途中でパスワードを変更していたり、整理されていない雑多な情報しか見つからないと思います。

今回、完全に詰んだ・・と思った状態から、何とかロック解除出来たので、その顛末を紹介します。

オークションで売るためにiPadを初期化したらハマった

父は脳梗塞で失語症&半身不随です。リハビリ期間は過ぎ、もう大幅な回復は見込めません。でも、このまま10年生き続ける人も居るとか。入院や介護の費用が大変です。

生きているので遺品にはなりませんが、日の目を見ることの無い、ゴルフ道具、iPad、パソコンなどを少しずつお金に変えて、入院費に当てることになりました。

パソコンは工場出荷状態にリカバリすれば売り物になります。
iPadもitunesがあれば、初期化出来るとの情報を得たので、初期化することにしました。

itunesがセットアップされたパソコンとUSBケーブルで繋いだ状態で、ボタンを押しながら電源を入れると、初期化モードになります。

「こんにちは」

と出てきて、初期セットアップが進むようです。良かった・・。

ネットに繋ぎたいので、WiFiに接続し、暗号化キーを入力しました。

すると・・・

このiPadは現在Apple IDにリンクされています。このiPadを設定するために使用したApple ID"t●●●●●@o●●●●●.jp"とパスワードでサインインしてください。」

アクティベーションロック

なんじゃこりゃ~!? 初期化されてないやんけ~!?

そうなんです。父のiPadは「iPadを探す」の設定がオンになっている為に、別の人が使おうとすると「アクティベーションロックがかかる」代物だったのです。

Apple IDは父のメインのメールアドレスと異なる様でしたし、パスワードもApple IDのパスワードって、8文字以上の3種類混合という制限がある為、誕生日だけでは無理。想像も付きません。

ここでまず、頭が真っ白になりました(笑)。

アクティベーションロック解除の裏技を全部調べる

幸か不幸か「アクティベーションロック解除」というキーワードで世の中の困っている人達が、大量に情報を書き込んでくれています。

内容は実にバラエティに富んでいますので、ひと通り、調査結果をまとめました。

物理的に分解する

iPadの外装を剥がして、回路をむき出しにし、端末情報が書き込まれている回路を電子的に破壊する・・という裏技です。

これは、iPadの中のSIM情報部分に、端末を区別する情報が書き込まれていて、Appleがインターネット越しに、その端末を見た時に「別物」として認識させるというものです。

相当な技術が必要な上に、SIM情報が無い「WiFiモデル」については、この裏技は全て、使うことが出来ません。

父のiPadはWiFiモデルなので、NGでした。

怪しげな海外サイトへアクセスする

フリーのアクティベーションロック解除アプリ/アクティベーションロック解除サイトを紹介しているページがいくつかありました。

フリーのサイトは3つ程、かつては存在していたようです。
事前にiPadのシリアル番号やIMEIコードを調べておき、別の端末からアクセスしたり、iPad本体からインターネット上の救済サイトへアクセスしたりします。

いずれも現在は、閉鎖。あるいはオフライン状態が続いているようです。

iPadのソフトウェアが更新されて、簡単に解除出来なくなったようですね。

有償サービスに申し込む

お金を出せば、アクティベーションロックを解除してくれるという業者が存在します。

2つ程の業者を発見しましたが、現状、オススメは出来ないものになっています。

  • 価格が2万円以上であり買取価格と変わらない
  • 現在、新規受付を中止している所が多い

中止している理由は想像できますね。
フリーのサイトがオフラインになっている理由と同じで、iPadのソフトウェアが更新され、アクティベーションロック解除がより難しくなっているからでしょう。

WiFiで独自サイトに飛ばす方法

これは驚きの方法です。
DNSサーバの仕組みをハッキングして、Appleの公式サイトへアクセスさせないよう、iPadを騙す手法です。

技術的には今でも使える方法なのですが、WiFiルーターの知識が必要です。
WiFiルーターを使う方法は別の記事で書こうと思いますが、以下の点でオススメしません。

  • アクティベーションロックが解除される訳ではない
  • 独自サイトでサービスしている疑似アプリしか実行出来ない

これは「何となくiPadが使えているような雰囲気」を味わえるだけであり、こんな中途半端にインターネットが使えるiPadに価値などありません。

それでも使えないよりマシ・・という人は、後日、私の記事を見てみて下さい。

Appleに電話して解除してもらう

これは裏技ではなくて、アクティベーションロック解除の正しい手続きです。

家族からの依頼で、本人の了承を得ている、あるいは既に死亡している事を証明出来れば、Appleも親身になって対応してくれます。

本人確認の為「秘密の質問」の3つのうち2つに正解しなくてはならない・・など、様々な規程があります。

しかし、脳梗塞の場合、死亡しておらず、本人の了承を得ることが難しいため、泣き寝入り・・となる事があります。
10年後に亡くなったら、そのiPadはもう、二束三文になっているでしょうね・・・。

パスワードのヒントになるものを集める

有効な裏技が無いことが分かりましたね。

そこで私が実行したのは「父のID、パスワードのヒントになるものを徹底的に調べる」ということです。

パソコンの中に残っているかも知れませんし、手帳にメモしてあるかも知れません。
あとは、購入した時の書類と一緒に、メモ紙が残っているかも知れません。

家中を探したので、パスワードのヒントは沢山出てきました。
特に、数字4桁のパスコードとして使えそうな数字は、複数出てきたので、とても有効な情報です。

これらの情報を組み合わせて、iPadを再度、初期化したりして、弄り倒してみました。

地道な作業ですが、家族にしか出来ない解決策ということになります。

アクティベーションロックは数字4桁で解除可能だった!

ついに解決編です。

Apple IDとパスワードは、どんなに調べても、どんなに試しても当たらず、八方塞がりになりました。

ところが、最初の「アクティベーションロック」の画面を、もう一度、よく見てみましょう。

パスコードでロックを解除?

アクティベーションロック

と水色の文字で書かれている所があるじゃないですか?

ここをクリックすると、1件ヘルプ画面のように見えますが、その中に

「デバイスのパスコードを使用」

アクティベーションロック

というボタンがあります。ここをクリックします。

すると、パスコード入力画面になります。

アクティベーションロック

父はパスコードが6桁になる前にパスコードを設定したので、4桁のままでした。

数字4桁のパスワードであれば、メモからいくつか拾ってありましたので、順に試してみました。

やった! 正解!!

こうして父のiPadはアクティベーションロックが解除され、本当の工場出荷状態になったのでした。

アクティベーションロックはiPhone/iPadの盗難による悪用防止としてある機能なので、前の持ち主と無縁の人には解除の方法が用意されていません。

しかし、家族のトラブルでどうしても解除したい場合は、「秘密の質問」や「暗証番号」「誕生日」など、僅かなヒントで、どうにかなるものです。
あきらめずに、やってみましょう!

iPhoneiPad

Posted by fujimori