名探偵コナン「緋色の弾丸」ネタバレ無し感想【Dolby Cinema】

2年も待たせた劇場版名探偵コナン「緋色の弾丸」を、密にならないよう気にしつつ、公開2日目にドルビーシネマ版で観てきました!

テレビ放送でも「緋色シリーズ」を再放送したり、予習もバッチリでしたが、これから見に行く人は、どの映画館で、いつ、どのバージョンを何回見に行こうかな・・って迷うと思います。

本記事では、まだ観ていない人の為の準備も含めた感想を「ネタバレ無し」でお伝えします!

映画館

映画館選びで重要なのが「綺麗で新しい」ことと「混んでないこと」になると思います。

映画の世界も進歩していますので、新しい映画館の方が新しい音響システムが導入されていたり、良いことがあります。

また、新しい映画館の方が座席の配置も工夫されていて、快適に見れる傾向があります。

Tジョイ横浜

神奈川県在住の私が今回選んだ映画館がここ「Tジョイ横浜」です。

横浜の映画館の中では一番新しい「最新鋭のドルビーシネマシステム」を導入した映画館(シネコン)になります。

直近はこの「Tジョイ横浜」に通っています。
結果、正解だったと思います!

Tジョイ横浜の良い点は以下です。

  • 横浜駅直結でアクセスが良い(雨天だったので)
  • 全てが新しい(映画館・ドルビーシネマ
  • 傾斜があって前の人が気にならない
  • 前の席とのスペースが広く通りやすい
  • 混むことが予想される映画は公開初週だけ5部屋で公開
  • 発券がスマホで簡単

良い点は沢山ありますが名探偵コナンのような人気作品の場合は「5部屋(スクリーン)で公開」というのが最大ポイントになりました。

人気の映画は初日や初週が混むんですが、大抵の映画館は2~3部屋で公開というパターンです。

でもTジョイ横浜は9部屋中5部屋を名探偵コナンに使ってしまうほど大胆に同時上映します!
先日のシンエヴァンゲリオンの時も同時上映数がすごかった。

コロナ禍で「映画を左右に人が居ない座席で観たい」という思いを叶えてくれる映画館です。
私も今回、左右に人が居ない状態で、名探偵コナン緋色の弾丸を公開2日目に観ることが出来ました。
感謝感謝!

Tジョイ横浜
引用:Tジョイ横浜公式サイトより

時間帯

続いて時間帯選びです。

いくら5部屋同時上映でも昼間のゴールデンタイムはオンラインで座席表を確認すると混んでいます。
これでは左右に人が居ない状態を作れない! ってことで、人があまり行きたがらない時間帯を選びました。

選択肢としては、

  • 早朝7時
  • レイトショー

がある訳ですが、確認するとどちらも空いているようだったので、料金が安くなる「レイトショー」を選びました。

レイトショーは大人の客しか居ないし年齢層が狭まるので、集中して映画を観たい時には良い選択だと思います。

時間は遅ければ遅いほど空いていますが、終電ギリギリに終わる時間帯はさすがにリスキーなので避けました。

21時開始の回で十分空いていました。
劇場版名探偵コナン「緋色の弾丸」は110分間でサクッと観れる映画なので、帰宅も深夜にならないしレイトショーはオススメします。

ドルビーシネマ

過去に色んな映画をIMAXで観ている私ですが、最新のドルビーシネマ/ドルビーアトモスってどうなの!?
ってことで、せっかくTジョイ横浜へ行くので、選んでみました。

作品の前に「ドルビーシネマの紹介映像」が流れるのですが、ドルビーシネマというのは音響だけの技術ではなくて、映像も「ドルビーシネマ向けにカスタマイズ」されているということが分かり「へ~っ」となりました。

IMAXの場合は「その映画がどこまでIMAX向けに拘って作られているか?」が重要で、簡易的にIMAXで上映しているだけの作品は実力が発揮できずにガッカリすることが多いんです。

今回の名探偵コナン「緋色の弾丸」は「4DX」「IMAX」「ドルビーシネマ」の3つに大してそれぞれ作り込んであるとのことですが、その実力はいかに?

結果としては、

  • ドルビーシネマに興味があって初めて視聴してみたい人にはGood
  • ドルビーシネマの効果を発揮できるシーンは多くない
  • 大音量で迫力があった

こんな可もなく不可もなくという感想になりました(汗)。

ドルビーシネマはIMAXに比べると技巧に走りすぎず、シンプルに音と映像に迫力を持たせ、没入できるのが良いのかな?と思いました。

クライマックスシーンではちょっと映画館が揺れるくらいの大音量でびっくりするんですが、耳が悪くなるような大音量ではなく、ドルビーシネマの実力によって四方八方から音が届くことにより「すごく大きな音」を聴かせてくれているようです。

これがドルビーシネマサウンドのリアリティの高い自然な音響の実力なんですね。

名探偵コナン「緋色の弾丸」は、あの高層ビルが崩壊する「天国へのカウントダウン」と比べるとドッチャンガッチャンは少ないので(笑)ドルビーシネマの迫力を堪能しまくることは出来ませんが、体験としては良かったです!

特典

ドルビーシネマ版で観た人向けに色紙が配られていました。

ドルビーシネマ版だけではなく、IMAX版や4DX版を観た人にも配られるそうです。

緋色の弾丸ドルビーシネマ

ストーリー

「緋色の弾丸」は緋色シリーズの流れを組むストーリーなので、赤井秀一とその家族が大活躍します。

既にテレビシリーズと番宣で、この危険な一家4人(赤井秀一・世良真純・メアリー・羽田秀吉)が活躍するということは知っているので、それぞれの正体は知った状態で観ることが必須です!

逆に言うと、この4人のことを予習した状態で観る限りは、難しい話はとくに無いので、気楽な気持ちで作品を楽しめば良いと思います。

登場人物についてテレビシリーズで予習する時間が無い人は公式サイトで簡単に学べます。

キーパーソン┃劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』

↑こちらのページが情報まとまっていましたよ!

同じ映画を何度も観に行く人が居ますが、複雑な設定や難しい謎解きは無いので、名探偵コナンマニア以外は一回の観賞で大丈夫だと思います。

個人的には「羽田秀吉」がこの作品の中では良い役でした。
今回の映画の面白さ・楽しさを引き立てましたね!

ゲスト声優

さて、最後にゲスト声優について。

名探偵コナン劇場版の感想を書く時に毎回話題にしているのが、この「ゲスト声優」さん。
普段声優をやっていないタレントさんが声優に挑戦したりするので、あんまり下手だと作品を台無しにしてしまうんですね。

今回のゲスト声優は「浜辺美波」さんです。

「浜辺美波」さんは元気なキャラクターが似合う女優さんで、声優経験も少しあります。

今回は浜辺美波さんにピッタリの元気な役。

重要な役でもあったので、演技が難しいところもあったと思いますが、そこは見事に浜辺美波さんの女優魂で、やり切りましたね!

ほとんど誰が声優をやっているのか分からないレベルまで溶け込んでいました。
今回は文句なし!です。

まとめ

名探偵コナン劇場版「緋色の弾丸」の感想まとめです。

  • いつもどおりの名探偵コナン、安心して楽しめる
  • 緋色シリーズは予習しておくか公式サイトでチェック!
  • ドルビーシネマは可もなく不可もなく
  • リピーターはそんなに現れないと思うのでお早めに
  • 空いている映画館/時間帯を選ぼう

こんな結果になりました!

今回も記録的な興行収入になりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました