iMessageで「あけおめ」って打つと花火が上がるぞ(^^)

あけましておめでとうございます。

古い友達にiMessageで「あけおめ」とか「あけましておめでとう」といったメッセージを送ると、背景画像で花火が上がります。

最近、友達とはLINEでやりとりする人が多いので、気付かない人が多いのでは無いでしょうか。

あけおめ

ツイッターでも話題になっていました。

この機能、LINEでも継承されましたね。

実はiPhoneのiMessageが先だったのです!

iMessageとは?

そもそもiMessageって何?と思う人も居ると思うので先に説明します。

iMessageというのは「iPhone同士でのみ送ることが出来るショートメッセージ機能」です。

iPhoneでショートメッセージを送る時って「メッセージ」というアプリを使うと思います。
緑の吹き出しマークのアプリです。

これは電話番号を知っている人同士のショートメッセージのやりとりに使え、相手がiPhoneでなくても使えます。

ところが、相手がiPhoneの場合、自動判別されて「iMessage」という名前になります。

メッセージの入力欄に「iMessage」と薄く表示されていたら、その相手はiPhoneを使っています。

逆に「SMS/MMS」と薄く表示されていたら、その相手はiPhone以外を使っていることになります。

花火以外のデコレーション

新しいiOSでは花火以外に風船ハートマークも付けられるようになっています。

その場合は、メッセージを入力してから↑マークを長押しすると、どんなデコレーションを付けたいかを選べるようになります。

具体的な例は、↓こちらのホームページに書かれている内容が分かりやすかったので、参考にすると良いですよ。

風船が飛ぶ、花火が上がる! iPhoneの「メッセージエフェクト」でアニメーションをつける方法 | iPhone | できるネット

以上、iPhoneのiMessageで花火や風船やハートをデコレーションしてメッセージを送る話題でした~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました