そして僕は途方に暮れる ギタリストは誰?

「マツコの知らない世界」で「昭和ポップスの世界」を放送していましたね。

まさに保存版というべき放送内容でしたが、気になった話題がこちら↓

「大沢誉志幸さんの『そして僕は途方に暮れる』でイントロのギターを弾いていたのは誰なのか?」

ということです!

キング・クリムゾンとかホール・アンド・オーツとか、懐かしい洋楽アーチストの名前も出ていましたので、早速、調べてみました!

伝説のギタリスト、エイドリアン・ブリュー

大沢誉志幸さんのセッションに参加されていた海外アーチストは沢山いらっしゃいますが、キング・クリムゾンと関わりのあるギタリストというと、この人しか居ません。

答えは「エイドリアン・ブリュー」です!

エイドリアン・ブリューは、キング・クリムゾンのメンバーとしては、かなり後発になります。
再結成された「新生キング・クリムゾン」でメインのギタリストをやっていました。

ただし、新生キング・クリムゾンの中では異彩を放つアーチストで、エイドリアン・ブリューの演奏するギターの音色は、まさに七変化で凄かったです。

動物の鳴き声とかもギターで弾いてしまうんですが、個性的でしたね。

そんな、プログレ界では変人(褒め言葉です)であるエイドリアン・ブリューが、大沢誉志幸さんのセッションに参加されていたなんて、ちょっと意外ですね。

以上、大沢誉志幸さんのそして僕は途方に暮れるのイントロ・ギターを弾いていたのは、エイドリアン・ブリューでした!

未分類

Posted by fujimori