ガラケーのモバイルSuicaはいつまで使えるの?

ドコモのガラケーをサービス終了まで使い倒そうとしている皆さん、少しずつ使えるサービスが減ってきて「ヤバイ!」と思っていませんか?

そんな中、モバイルSuicaがそろそろ使えなくなりそうです。

この記事では、モバイルSuicaがガラケーで使えなくなる正確な日付と、その内容、移行方法について、ご紹介します!

ガラケーのモバイルSuicaは2020年2月26日まで!

モバイルSuica一部サービスの変更および終了について
こんな公式発表がJR東日本から出ていますね。

これを読んでみると、ごく一部の機種を除いて、ガラケーでモバイルSuicaを使っている人は、今度の2月26日以降マトモには使えなくなります。

色々書いてありますが、一番大きいのは「ガラケー操作でのクレジットチャージ」が出来なくなることです。
これって、もう、チャージが出来なくなることとイコールです。
モバイルSuicaをチャージ出来る端末もあるらしいんですが、私は全国でもほとんど見たことが無いです。

あと一つ、見逃せないのが「モバイルSuicaの機種変更」です。
モバイルSuicaの機種変更は、旧端末と新端末の両方が手元にあれば、結構簡単に出来ます。
でも、2月26日以降は、旧端末側の操作が出来なくなるので、機種変更は実質出来ない・・。
使い切って廃止にするしかないです。
とても面倒です。

という訳で、2月26日を迎える前に、ガラケーのモバイルSuicaはスマホに移動してしまいましょう!

モバイルSuicaをiPhoneに移動するには?

昔はモバイルSuicaを使えるスマホって少なかったんですが、今ではモバイルSuicaを使えないスマホの方が少ないくらいです。

そして、iPhoneもiPhone7以降、モバイルSuicaが使えるようになっています。私はiPhone8を使っているので対応機種でした。

という訳で、早速、機種変更操作をやってみました。

やることは3ステップです。

  1. モバイルSuicaのログインID(メールアドレス)とパスワードを調べておく
  2. ガラケーで「機種変更」処理をする
  3. iPhoneで「モバイルSuica」アプリをインストールする

こんな簡単とは!と驚きました。

丁寧に解説されているページも見つけました。

モバイルSuicaからiPhoneのApple PayにSuicaを移行してみました
こちらを参考にすると、より詳しく分かりますよ。

モバイルSuicaはiPhoneの中の「Apple Pay」の一つとして登録されます。
「Apple Pay」は通常、指紋認証を行わないと使える状態になりませんが、モバイルSuicaは「エクスプレスカード」という扱いにすることができ、指紋認証を行わなくても、改札で「ピッ」とやればすぐに認識します。お店でのSuica払いも今まで通りです。

iPhoneで「モバイルSuica」アプリをインストールしてログインすると「Suicaをエクスプレスカードにしますか?」と聞かれるので「はい」と答えるだけです。
ちなみに「エクスプレスカード」とApple Payの「最優先カード」は別々に出来ます。
私はAMEXを「最優先カード」にしたまま、Suicaを「エクスプレスカード」にして使っています。

モバイルSuica

スポンサーリンク

iPhoneをモバイルSuicaにしてみての感想

iPhoneってガラケーと比べると大きいので、Suicaカード代わりに使うことに何となく違和感があったんですが、実際使ってみると便利便利!!

どうしてもっと早く移行しなかったんだろう? と思ってしまいました。

良いなぁ・・と思ったところは、

  • クレジットカードチャージの画面に行くまでの時間が超短縮!あっという間にチャージ出来ます
  • 利用履歴がスマホで直接見れる!SFカードアプリとか面倒な物はもう要らない!

この2つだけでも非常に便利です。

逆にちょっと違和感を感じたところもあります。

  • 昔に切れた定期券の表示をいつまでも消すことが出来ない
  • 「ピッ!」っていう音がガラケーに比べて小さい気がする。反応したのかどうか分かりづらい。

音については大きいせいで音が隠れてしまっているのか、気のせいだろうと思っています。
大きいと、端末に反応する位置が分かりづらい・・というのも同類の欠点ですね。

でも、良い点の方が圧倒的に大きいので、iPhoneへのモバイルSuica移行には満足しています。

皆さんも2月26日が来る前に、さっさとiPhoneへ移行した方が良いですよ!