武蔵小杉駅:11月30日のダイヤ改正で横須賀線は減るの?

2019年11月23日

2019年11月30日、ついに相鉄線がJR東日本に乗り入れます。
このニュースを見た時に、不安になったのが武蔵小杉駅の混雑です。

現在、武蔵小杉駅は朝のラッシュ時の混雑度がワースト2位にランクUPしてしまっています。
それなのに、さらに混雑を生みそうなダイヤ改正・・心配なので詳しく調べて比較してみました。

スポンサーリンク

相鉄線・JR東日本乗り入れによる影響は?

相鉄線・JR東日本乗り入れにより、武蔵小杉駅の役割はどうなるか?

分かりやすく言うと、湘南新宿ラインの一部が相鉄線からの乗り入れ列車に切り替わります。

つまり、大きなダイヤ改正があるのは「湘南新宿ライン」の方なのです。

公式発表によりますと、実質、湘南新宿ラインは、相鉄線・JR東日本乗り入れにより、増発となるそうです。

これは良いニュースですよね。

武蔵小杉駅の心配事は横須賀線

ところが、武蔵小杉駅利用者にとって、鬼門は湘南新宿ラインでは無いのです。

混雑率ワースト2位になった路線も、湘南新宿ラインではなく、横須賀線です。

朝8時前後の武蔵小杉発着の横須賀線に乗ろうとすると、だいたい1本待たなければなりません。乗り切れないのです。
その状況を考えると、湘南新宿ラインのダイヤ改正によって、横須賀線のダイヤが圧迫されるのでは?という心配事が浮かんできます。

そこで、ダイヤ改正直前に迫った、武蔵小杉駅・横須賀線のダイヤ改正について、調べてみました。

スポンサーリンク

武蔵小杉駅・横須賀線の7時~8時台の本数は?

11月30日のダイヤ改正前と、ダイヤ改正後の武蔵小杉駅の平日の時刻表を調査しました。

ダイヤ改正前の7時~8時台の横須賀線の時刻表はこちら

武蔵小杉駅ダイヤ改正11月

ダイヤ改正後の7時~8時台の横須賀線の時刻表はこちら

武蔵小杉駅ダイヤ改正11月

1時間あたりの本数で見ると、確かに変動が発生していますが、7時~8時台の平均を取ると、本数は変わっていない・・ということが分かりますね。

7時台が微妙に減っているのが懸念ではありますが、電車の発車間隔は、ダイヤ改正により、偏りが少なくなったように見受けられます。
ここは、苦心の改正があったようですね。JR東日本さん、ありがとうございます!

以上、武蔵小杉駅2019年11月30日、ダイヤ改正による影響は「なんとか現状維持」という判定結果でした。

でも、武蔵小杉駅で「乗り換え」をする人は、今よりも増えそうですね。そこは、今後の経過を見てみたいと思います。