消費税が10%に上がるけど家賃は大丈夫?

2019年9月29日

いよいよ消費税が10%に上がりますね!
テレビでも消費税に関する番組が多数放映されていますが、私は9月28日の池上彰さんの「ニュースそうだったのか」が一番よくまとめられていたと思いますね。

そんな中、意外な話題がいくつか出ていたので紹介します!

家賃と駐車場代

番組の中では「家賃と駐車場代、消費税率は8%?10%?」というクイズ形式で出題されました。

ところがこれ、答えは意外なものでした!

家賃は最初から消費税がかかっていない

・駐車場代には消費税10%がかかる

こんな結果だったのです。

家賃は生きていく為にどうしても必要なもの・・ということと、不動産全般が「税制の中では特別扱いされている」という政治上の歴史的な背景から、人が住む為の家賃は「非課税」になっています。

もともと非課税で税率0%なので、今回の消費税率改定による影響を受けず、家賃は据え置きなのです。

私も家賃を払っていますが、大家さんや不動産屋さんから「家賃改定のお知らせ」とかは一切来ていません。

それは「家賃は非課税」だったからなのです。
安心しました!

家賃・消費税

事務所の家賃は違う

番組の中では言っていませんでしたが、事業所家賃をビルのオーナー等に払っている場合、非課税にはなっておらず、今回の消費税率改定の影響を受けるそうです。

これも「生きていくためにどうしても必要なもの」にのみ優遇されるという、弱者理論によって、こういう制度になっているようです。

つまり、企業活動全般には、必ず消費税が関わってくるということになります。

スポンサーリンク

公共料金

番組の中では「水道水の消費税率は8%か10%か?」という出題のされ方をしていました。

こちらに関しては、答えは「10%」でした。

自治体によっては、もう早々に「料金改定のお知らせ」を出していると思いますが、公共料金に関してはほぼ全ての料金が消費税のあおりを受けて「実質値上げ」となっています。世知辛い世の中ですね。

でも、水や電気やガスを、節約して生活することが「地球に優しい生き方」ですから、資源を多く使う人にはそれだけ税金も多く払ってもらう・・という仕組みは、良いのでは無いでしょうか。

ノンアルコールビールと みりん

番組の中では別々に出題されていましたが「これはお酒なの?」と思うものについて、消費税率がどうなるのか? 大変興味ありますよね。

こちらは、意外な結果でした!

ノンアルコールビール・・・・・8%

・みりん・・・・・・・10%

みりんについては、アルコールが入っていないみりんは8%で、アルコールが入っているみりんは10%とのことです。

大抵のみりんにはそれなりのアルコール度数がありますので、みりんは10%!!と覚えておきましょう。

一方で「ノンアルコールビールは8%」というのは嬉しいですね。

私は最近ノンアルコールビールにハマっています。

酔っ払わないけど気分はビールを飲んでいるみたいになるし、実際、ビール定番のおつまみである「枝豆」とかと合うんですよね。

ビールを飲む理由が往々にして「気分」の問題なので、飲んだ後、尾を引かなくてストレスは確実に発散できる「ノンアルコールビール」は最高です(^^)。

もともと私は「すぐ赤くなる」お酒に弱い体質なので、ノンアルコールビールでも少し火照ってきたりします・・・(笑)

これを消費税8%のままで扱ってもらえるなら、ますますノンアルコールビール派になりますね~。

以上「消費税率に関する意外だったもの」を集めてみました。

皆さんも消費税率を知って賢く生きましょう!

スポンサーリンク

消費税

Posted by fujimori