相鉄線JR接続:トンネルの中は電波届くのか?

相鉄線がいよいよ JR と接続され、相鉄線直通電車が営業開始されましたね。

ところがこの路線、よく見てみると殆どがトンネルです。

実際には武蔵小杉駅から西谷駅までの新しい走行区間(いわゆる貨物線の部分)が八割方トンネルの中を走行するようになっています。

トンネルということはひょっとして携帯電話スマートフォンが圏外になってしまうのではないでしょうか?

そんな疑問にお答えするためにこの記事では相鉄線 JR 接続線の電波状況について調査しましたのでご覧ください。

開業前はスマホ圏外だった

相鉄線 JR 接続の試運転の時に、 乗車された方の感想を確認したところ、携帯やスマホが電波が入らなかったと言われている方が多いようです。

羽沢横浜国大駅に近づくと、トンネルの外を走ることになりますので、電波は入ります。
また西谷駅~羽沢横浜国大駅の間は、あまり距離がなくトンネルに入っている時間も短いので、トンネル内の圏外はそれほど気にならないでしょう。

一方で、武蔵小杉駅~羽沢横浜国大駅の間は、10分以上トンネルの中を走りますので、スマートフォンがずっと使えないというのはかなりのストレスになってしまいます。

ドコモは電波が入る

さて、本日無事開業して、続々と感想の情報が入ってきていますが、ドコモユーザーには朗報です。

なんと、試運転公開から僅か一ヶ月で、アンテナを増強して、ドコモはトンネルの中も電波が入るようになったのです。

情報によると、ほぼ全面的に使えるとのことです!
素晴らしい!

相鉄線直通iPhone

ソフトバンクも電波が入る

私はソフトバンクでiPhoneの4Gを使っているユーザーです。
そういう方って多いのでは無いでしょうか?

同じようにiPhoneを使われているソフトバンクユーザーの方の乗車感想を見つけました。

武蔵小杉~羽沢横浜国大間、無事、電波が届いているそうです。

電波測定された方も、ローミングされている・・との報告をされています。

ただし、データ通信については、

Y!モバイル系・・・・圏内
Nuro光系・・・・圏外

だそうですので、ソフトバンクのデータ通信を使われている方はお気をつけ下さい。

auは一部が圏外に

一方で、auについては、「使えた」人と「使えなかった」人が混在しています。

auも一部の周波数帯でローミングに対応し、試運転公開時よりも良い状況になっているようです。

しかしながら、一部のデータ通信ユーザーが使えない状態とのことです。

auは、元々、データ通信に使う電波として、多くの種類を抱えているので、全てを使えるようにするのは難しかったと思います。

auユーザーの方は、ご自分の端末で実際に試してみたほうが良さそうですね。

ユーザーの声

相鉄線直通電車の実際の声を集めてみました。

この方は、試運転公開日に乗車された方のようです。

この方は、本日乗車された方ですね。

同じように本日乗車されて圏外だった方。

個人差が出てますね。

そして電波測定をされたプロ級の方。

楽天モバイルは圏外らしいです。

ソフトバンクユーザーの方も繋がったそうです。

以上、相鉄線直通列車の電波状況でした!