Windows10でパソコンの動作が遅くなってきた時に試したいこと

2021年3月20日

パソコンって2~3年使っているとだんだん遅くなってきませんか?

最近、在宅でパソコンを使う人が老若男女問わず増えてきて、本業がパソコン関係である私に「家のパソコンが遅くなってきたので何とかしたい」という相談がよく来ます。

インターネットで「Windows10 高速化」や「Windows10 重い」というキーワードで調べると、Windows10のメンテナンスやチューニングの方法が多数出てくるのですが、1つ1つ難しいし、どれも効果が1つで大きいわけではなくて、少しずつ改善させて結果的に速くなる方法です。

私に質問してくる友人はパソコンに詳しくない人達なので、今使っている環境(デスクトップ/壁紙やユーザ名や設定など)にコダワリがなく、キレイにしてしまって構わないのでとにかく速くしたい!という人が多いのです。

そこで本記事では、パソコンに詳しくない人が劇的にパソコンの動作をキビキビさせる裏技を伝授します。

新しいユーザを追加する

パソコンを年単位で使っていると遅くなってくる一番の理由は、今使っているユーザにくくりついた様々な設定情報や過去の動作の履歴が肥大化していくからなんです。

これをレジストリ情報と言って、この肥大化したレジストリ情報をキレイにするツールとしてCCleanerというフリーソフトが一時期流行りました。
しかし、CCleanerは一度スパイウェア疑惑が起きて、企業内で禁止されるようになり、オススメではなくなりました。

そのため、レジストリをキレイにしてキビキビとパソコンを使いたいなら、今までの設定を捨てて、新しいユーザで使ってみることを勧めます。

新しいユーザで使うと、これまでに使っていた設定が消えるので、まるで新しいパソコンを使っているかのような感覚になります。
動きも速く快適ですが、設定が消えることについては覚悟しましょう。

どうしても元の設定を見たい時は、元のユーザ名でサインインし直せば、いつでも戻れますので安心を。

新しいユーザを追加する手順

Windows10で新しいユーザを追加する手順は、AdobeやNECのホームページに掲載されていますが、私が最新のWindows10 Home 20H2で試してみた結果、NECのLAVIEのFAQに掲載されている手順が「一番新しく正確」でした。

NEC LAVIE公式サイト|Windows 10でユーザーアカウントを追加する方法

↑こちらのページで画像付きで詳しく解説されています。

私も簡単にローカルユーザを追加出来ました!

新しいユーザでログインする手順

新しいユーザを作るところまでは、さっきの手順で出来ますが、その後、新しいユーザでログインする方法が書かれておらず、ちょっと迷います。

まず、今のユーザから「サインアウト」します。

画面隅のスタートボタンの上にマウスを持っていきます。
スタート

ここでマウスを右クリックするといつもと違うメニューが出ます。
右クリックメニュー

シャットダウンまたはサインアウト」という項目があるので押します。

サインアウト

開かれたメニューから「サインアウト」をクリックして下さい。

これでサインアウトです。

次にログイン画面が出ますが、ぱっと見、パスワードを入力するところしかありません。
もう少し注意深く見てみましょう。
左下にユーザ名が2つ並んでいませんか?

別のユーザでサインイン

↑画像の赤丸を付けたところがユーザの選択を行うところです。
見つけたら、新しく作った方のユーザ名をクリックしてみて下さい。

新しいユーザを作った時に入力したパスワードを覚えておいて、ここでパスワードを入力すれば、新しいユーザでのログインが完了です。

かなりキビキビと動くようになったと思います。

ハードディスク不足

新しいユーザを作ったのに、相変わらず遅い!という時はメモリ不足が考えられるのですが、数年使っていたパソコンがメモリ不足になる理由は、なんとハードディスクの容量不足です。

パソコンに詳しくない人はC:ドライブの
・デスクトップ
・ダウンロード
・ドキュメント
・ピクチャ
・ビデオ
・ミュージック
にどんどんファイルが溜まっていく傾向があります。

長く使っているとC:ドライブを圧迫し始めます。
C:ドライブの空きがほとんど無くなるとスワップメモリを確保出来なくなって一気に遅くなります!

確認方法

ハードディスクの空きが少なくなっているかどうかを確認する方法を説明します。

スタート
まずスタートボタンを押します。

ここに入力して
このままの状態でいきなり文字入力を始めて下さい。

エクスプローラー
入力する文字列は「エクス」です。

エクスプローラー
すると「エクスプローラー」が候補に出てくるのでクリックして下さい。

エクスプローラーが起動されます。
エクスプローラーの画面の左側から、
PC
「PC」と書かれたところをクリックします。

次にエクスプローラーの上部に着目です。
表示
「表示」というタブがあるので押します。

以下の画面に切り替わります。

並べて表示
その中から「並べて表示」をクリックして下さい。
既にここが濃い色になっていたら、そのままで大丈夫です。

「並べて表示」になっているとエクスプローラーの表示の中に、
ローカルディスク
「ローカルディスク(C:)」というところがあります。

イメージで、どのくらい使っているかが表現されているので、青がかなり右側いっぱいまで行っていたら、容量不足が原因です!

デスクトップやダウンロードに置きっぱなしになっているファイルを減らすか、D:ドライブがあったらD:ドライブに移動しちゃいましょう。

これで動きが良くなるはずです。

ブロードバンドルーター

新しいユーザでログインし、空き容量も増やしたのに、やっぱりパソコンの動きが重い場合、もしかしたらブロードバンドルーターをずっと再起動していないせいかも知れません。

最近、私の友人のパソコンが「何やっても遅い」「インターネットを見ていてもなかなか応答が返って来ない」と言っているので、もしや?と思ったらこれが原因でした。

パソコン自体は問題ないのですが、インターネットを使って何かをしようとした時に、全ての反応が遅い・・という場合は、これを疑ってみましょう。

再起動方法

ブロードバンドルーターのIPアドレスが分かって、管理画面へのアクセス方法も分かっている人であれば、再起動方法も自然と分かるでしょう。

でも、多くの人はブロードバンドルーターの管理画面なんて見たこと無いのでは無いでしょうか?

大丈夫です。
今どきの家庭用のブロードバンドルーターは停電が起きた時のために、電源がいきなり落ちても壊れない作りになっています。

再起動方法が分からない時は、電源を切って、30秒ほど待ってから、再度電源を入れて下さい。

ほとんどのブロードバンドルーターは2~3分以内に完全に立ち上がります。

パソコンを使ってみて「あれ? うまく繋がらない」と思ったら、パソコンも再起動すれば、多くの場合は元の状態に戻ります。

もし、元に戻らない場合は、ブロードバンドルーターを最初に使い始めた時に行った操作と同じ事を、もう一度行う必要があります。
取扱説明書やスタートアップガイドを再確認してみて下さいね。

以上、数年使って重たくなったWindows10を、素人でもサクサクと使えるように復活させる方法をお伝えしました。

windows10

Posted by fujimori