ダイエットブログをはじめます!50代の腰痛持ちでも出来ました!

私がダイエットを始めようと思ったのは腰痛がキッカケでした。

私は元々痩せ型で、20代の頃は170cmで47kgしか無いガリガリ体型でした。当時は、食べても太らない体質で「痩せの大食い」と言われていました。

そんな私も、30歳を過ぎた時に、体質の変化を感じました。なんと!「沢山食べれば、ちゃんと太る」ということに気がついたのです。

中年の体重の変化はじわじわ来ます。私の場合は、「毎年1キロずつ太る」という分かりやすい変化でした。

・30歳・・・47kg

・40歳・・・57kg

身長が170cmありますので、体重57kgならまだ痩せ型です。この位までは、体を重く感じることはありませんでした。

しかし、ここから更に太っていくと、調子が悪くなってきたのです!

体重が増え過ぎると運動が出来ない!

人にはそれぞれ「適正体重」というものがあり、それはBMI値と比べてどうか?という以外に「個人差」があります。

私の場合、元々「痩せ型」だったので、適正体重が低いのです。

体重が57kgを超えて、60kg前後になると、「電車の時間に遅れそうになってダッシュ」したり、「階段を上り下り」したりすることが、キツくなってきます。

「ちょっとキツいな・・」と思いながら無理して運動すると、「足首が痛く」なったり「関節を痛め」たりして、もっと運動が出来なくなります。

後から出てきますが、ダイエットには「ある程度の運動」は欠かせないのですが、運動すると身体に支障が出るようでは、困ってしまうのです!

体重が増え過ぎると腰痛になる!

体重が更に増えて、62kg、BMI値で言うところの「適正体重」に近付いたあたりで、私の場合、もっとヤバイことが起きました。

「腰痛」です。

自分の身体を支える、最も大事な身体の部分が「腰」です。普段の生活の中で、自分の体重を支えている部分は、「足」「脚」「腰」「お腹」「背中」などがあると思いますが、鍛え難く、負担の多い「部位」が「腰」です。

私よりも遥かに太っている方々に聞くと、「脚(足)がヤバいんですよ~」なんて話もよく聞きます。でも、元々ヤセ体質の人に最も多い悩みが「体重増加による腰痛」です。

腰痛は辛いんです・・

腰痛の経験のある方なら分かると思いますが、腰痛の痛みというは「鈍くて」「持続する」痛みなんですよね。

何かを動かした時に「痛い」というタイプの痛みなら、その動きをしないように気を付ければ良いのですが、「四六時中痛い」痛みに対しては「為す術なし」です。

そこで、腰痛の原因である「体重」を減らすしか無い・・ということで、一念発起、体重を減らすための「ダイエット」を始めました。

当ブログで、その中で体験して、気付いたこと、お役立ち情報をお伝えしていきますので、最後まで楽しんでいって下さい!

スポンサーリンク