ダルマの左目はいつ入れる?

だるま開運

年始になり、心願成就の縁起物を購入した人も多いのでは無いでしょうか?

私は今年は黄色のダルマとピンクのダルマを購入しました。

購入したダルマにはまだ、一つも目が入っていませんが、願い事を決意する時に左目に目を入れる必要があります。

目を入れる瞬間って緊張しますよね!? これっていつでも良いのでしょうか?

実は、目入れをするのに相応しい日というのがあります。

諸説あるようなので、本記事にてまとめてみました。

だるま

ダルマの目入れは吉日に行うのが良い

まず、基本は吉日に目入れを行うのが良いそうです。

吉日というのは、「大安」「先勝」「友引」の3つです。

この3つの日なら、いつ入れても良いそうです。(諸説あります)

ただし、「先勝」の日だけは注意が必要で、「先勝」という日は午前中だけが吉日なのです。
そのため、目入れをするタイミングも「先勝」の日に限り、午前中に行うのが良いとされています。

人によっては、「先勝」や「友引」だと何となく嫌なので、「大安」を待って「大安」に目入れをする人もいるそうですが、この辺りは好みの問題となります。

まずは吉日を待って、折角なら朝起きてすぐに、目入れの儀式を自宅で行っては如何でしょうか。

ちなみにダルマの左目というのは私達から見て(向かって)右側です。
たまに間違えている人が居るので注意して下さい。

目入れについては「高崎だるま」のホームページ↓にも解説があるので参考にどうぞ。

だるま通販と高崎だるま販売 | だるまの通販と販売なら高崎だるま.com

以上、ダルマの目入れは「大安」「先勝」「友引」のいずれかに行うが、「大安」が良いという説もある!でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました