RAIDのRebuild(再計算)が進まない時の対処法【Ubuntu, RAID5】

2021年2月12日

Windows10からアクセスしているうちに、壊れてしまったLinkStation。

前回はRAID5 superblockを編集して4本全てのHDDをRAID5に組み込み再構築しました。
以下のコマンドです。

root@ubuntu:~# mdadm -A /dev/md2 /dev/sd[abcd]6
mdadm: device 1 in /dev/md2 has wrong state in superblock, but /dev/sdb6 seems ok
mdadm: /dev/md2 has been started with 4 drives.

しかし、mdadm –detail や cat /proc/mdstat などで、状態を見ると、4本に増えたのに、全く再計算している様子が無い。
それではデグレードモードで復旧したのと変わりが無いし、納得行かない。

そこで、以下のように、無理矢理、再計算=Rebuildが走るように、さっき追加した /dev/sdb6 を –manage オプションを付けて、add した。

root@ubuntu:~# mdadm --manage /dev/md2 --add /dev/sdb6
mdadm: added /dev/sdb6

すると・・・。

root@ubuntu:~# mdadm --detail /dev/md2
/dev/md2:
        Version : 0.90
  Creation Time : Sun Jun 21 17:07:49 2009
     Raid Level : raid5
     Array Size : 2906278656 (2771.64 GiB 2976.03 GB)
  Used Dev Size : 968759552 (923.88 GiB 992.01 GB)
   Raid Devices : 4
  Total Devices : 4
Preferred Minor : 2
    Persistence : Superblock is persistent

    Update Time : Tue Dec 29 21:35:15 2015
          State : clean, degraded, recovering 
 Active Devices : 3
Working Devices : 4
 Failed Devices : 0
  Spare Devices : 1

         Layout : left-symmetric
     Chunk Size : 64K

 Rebuild Status : 0% complete

           UUID : 82ca5ba8:77319326:bd54f990:2edf8a42
         Events : 0.36

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       8        6        0      active sync   /dev/sda6
       4       8       22        1      spare rebuilding   /dev/sdb6
       2       8       38        2      active sync   /dev/sdc6
       3       8       54        3      active sync   /dev/sdd6

このように Rebuild が始まった。

更に、他のコマンドでも状況を見てみよう。

root@ubuntu:~# cat /proc/mdstat
Personalities : [raid6] [raid5] [raid4] 
md2 : active raid5 sdb6[4] sda6[0] sdd6[3] sdc6[2]
      2906278656 blocks level 5, 64k chunk, algorithm 2 [4/3] [U_UU]
      [>....................]  recovery =  0.3% (3582176/968759552) finish=178.9min speed=89905K/sec

Rebuild の進行状況が表示される。

root@ubuntu:~# cat /proc/mdstat 
Personalities : [raid6] [raid5] [raid4] 
md2 : active raid5 sdb6[4] sda6[0] sdd6[3] sdc6[2]
      2906278656 blocks level 5, 64k chunk, algorithm 2 [4/3] [U_UU]
      [>....................]  recovery =  0.5% (5561888/968759552) finish=181.4min speed=88468K/sec

これが100%になれば完成である。

これが、終わったら Repair を行います。
【xfs_repair】RAID5を使ったファイルシステムの修復【Ubuntu】

Windows10にアップグレードしたら、LinkStationのHDDが壊れてEMモードにすらならずにハマってしまったけれど、Linuxの機能を駆使して完全復旧させた私の体験の一部始終を読みたい方は、以下の記事から進んで下さい。

故障したLinkStationから自力でデータ復旧した方法